人気ブログランキング |

b0159698_16444440.jpg
●頸管粘液の変化で排卵日がわかる
子宮頸管の内側は常に粘液で満たされています。
この粘液の量や性質は、ホルモンの働きによって周期的に変化します。
頸管粘液法とは、この変化を観察することによって、排卵日を予測する方法です。

●頸管粘液の変化が起こるワケ
黄体期には、子宮顕管部は固く閉じて、内側に糊状の濃厚な粘液がたまっています。
これは黄体ホルモンの働きによるもので、外部から細菌が子宮内へ侵入するのを防ぐ効果があります。
排卵が近づくと、卵胞ホルモンの量が増加します。
卵胞ホルモンは子宮顕管壁の分泌腺から粘液の分泌を促します。
それと同時に、粘液の水分含有量を増やすので、顕管粘液は流動性になって量が増えます。 
また、閉じていた子宮顕管部が開くので、余分な粘液が腔のほうへ流れ出ます。
顕管粘液の変化は1~3期に分けられ、排卵は第3期の最終日か翌日に起こります。

●頸管粘液の観察の仕方
排尿の前と終わった後、テイッシユ・ぺーパーで陰部をぬぐうか、指を腔にさし入れて付着したものを観察します。
毎晩、その日の粘液の状態について記録します。


月経周期中の膣の感触と粘液の変化

第1期・・・月経の後
日数 3.5日
膣の状態 乾いている
粘液の状態 なし 
月経の終わった後の3、4日間は膣粘膜が乾いた状態で、粘液はありません。


第2期・・・第1期の後
日数 3.3日
膣の状態 湿り気
粘液の状態 少ない、黄色か白色、不透明、粘りあり
膣は湿り気をおび、少量の粘液が出る。粘液は不透明で黄色く、粘り気はある。

第3期・・・第2期の後
日数 3.3日
膣の状態 濡れている 滑りがよい
粘液の状態 多い、卵白状、透明、弾力あり
膣が濡れて滑りがよい。粘液量は最後の日に最も多くなり、排卵はこの日が翌日に起こる。


指を腔の奥に入れ、突出している子宮外口から流れ出している粘液を指先にとり、親指と人さし指でつまむ。
この指をゆっくり離すと、粘液は糸をひき4~15センチメートルくらいにのびる。
# by marieblog830 | 2019-01-28 16:46 | 排卵日

b0159698_15185377.jpg
たばこに比べると、アルコールは「百薬の長」ともいわれるように、飲み方によってはからだによい場合があります。問題は過度の飲酒です。
男女とも、毎日のようにお酒を飲んでいると、勃起障害や精子への影響、月経不順、排卵障害、受胎低下を起こす要因になります。実際に、お酒をたくさん飲む女性とほとんど飲まない女性とを比較すると、妊娠や流産の確率に違いが見られることを知っておきましょう。
仕事が終わったあとやお風呂上がりの冷えたビールは、お酒の好きな人にはたまらないものがありますが、早く妊娠したいのであれば、ほどほどにするべきです。できれば、週に1~3回、グラスー杯程度を目安にするとよいでしょう。
# by marieblog830 | 2019-01-28 15:19 | 早く妊娠したい

妊活ストレス

b0159698_15152410.jpg
ストレスは、ときによい緊張感をもたらしますが、許容範囲を超えたストレスを抱え込むと、病気や症状を引き起こすことがあります。 強いストレスは、脳内の視床下部を混乱させます。ここは、ホルモン分泌や自律神経のバランス、免疫系統をコントロールしている司令塔なので、混乱から月経不順や排卵障害などを招き、体調不良を起こすのです。
そんな妊活ストレスの影響は、女性のほうが受けやすいのですが、男性もまた勃起不全や射精障害などを起こすことがあります。ストレスが妊娠しにくい原因になっているのです。ストレス性の病気が増えている現代では、健康や妊娠力を保つためにも、ストレスをためないことが大切です。
# by marieblog830 | 2019-01-28 15:17 | 妊活ストレス

生理不順とはどんな状態

b0159698_16145990.jpg
生理がずっと順調だったのに、前触れもなく突然生理が来なくなってしまった、間隔が延びていつ次の出血が始まるのか検討がつかない、あるいは、出血がダラダラと繰り返され、生理なのか不正出血なのかさっぱりわからないといったように、月経に関するさまざまな不安をお持ちの方は少なくはありません。
もちろん、排卵に問題があっておこるトラブルもありますが、他にも、ストレス、過労、肥満、無理なダイエット(急激な体重減少)などの出来事が加わると、微妙にホルモン状態がアンバランスとなり、それで生理周期が狂ってしまうことも珍しくはないのです。長期間放置しておくと、だんだん治療も難しくなり、精神的にも不安定になるので生理不順の原因を特定し治療を開始する必要があります。
生理不順の定義は3ヵ月以上生理をみない場合を無月経、周期が40日以上空いてしまう場合を稀発月経、あるいは逆に、しょっちゅう出血を有する場合を頻発月経と呼んでいます。
# by marieblog830 | 2015-08-25 19:37 | 生理不順

b0159698_16160940.jpg
「卵子は老化していく」-という言葉がよく聞かれるようになったため、35歳以上の自分には不妊治療しかない、人工授精や体外受精でしか妊娠できないと考えるようになった方は少なくないと思います。

また、最近ではAMHという卵巣年齢を副る検査などもよく行われるようになり、この検査で卵巣年齢が高いといわれると、とくにそういう傾向に陥ります。また、一度不妊治療を経験した人はとくに、不妊治療だけが妊娠に近づく道だと考えるようになりがちです。

体外受精などの高度生殖医療によって、これまで妊娠が困難だったケースでも妊娠が可能になっだのは事実です。

年齢だけが理由で体外受精に踏み切る必要はなく、体外受精で妊娠しなかったカップルが治療をやめたら自然妊娠したというケースは少なくありません。

不妊治療で赤ちゃんを授からなかった人が、タイミング法や漢方薬などのフォローアップによって、妊娠するケースが数多くあります。
# by marieblog830 | 2015-08-17 11:02 | タイミング法